FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line
2014年3月30日(日曜) pm 4:30 雨のち晴れ

■ 天満敦子さんと狭間ゆかさんのコンサート

松本市の四賀支所でヴァイオリンの天満敦子さんのコンサートがありました。ピアノの伴奏される狭間ゆかさんからのお誘いで安曇野ICから30分の山道を四賀支所に向かいました。

 IMG_3480 (2)
 岡谷のフラワーショップDANで花岡さんにアレンジをして頂いて

 IMG_3481 (2)
 ゆかさんにお花をお持ちしました

天満敦子さんのバイオリンは「天衣無縫」という言葉が似合います。むやみな衣を一切まとわぬ、ふくよかな人の心に出会いました。慶二郎さんの体が揺れています。珍しく嬉々としています。実はプロの演奏家の演奏でも、慶二郎さんは嫌いなものは嫌いです。時々、聞いているCDの途中で電源を落としたりするのです。

 IMG_3483 (2)
 撮影をしてはいけなかったのでしょうね!

天満敦子さんのブログはここをクリックして下さい。

天満さんのお母様のご出身が福島県の相馬というお話でした。東日本大震災以来、福島や岩手で継続してコンサートをされています。

■ 狭間ゆかさんのこと

 IMG_3482_20140330213923977.jpg
 前回茅野の市民館にお越し下さった時よりもスリムにおなりでした

 はざまゆかさんのブログはこちらです。

ゆかさんのブログの中に先日亡くなられた詩人の「吉野弘さん」の夕焼けという詩がお好きだという文章を見つけました。1月20日のブログです。慶二郎さんが先日訪問した山形県の酒田市の、酒田商業高校(現光陵高校)を卒業されて、光陵高校には直筆の3つの作品が遺されていました。この「吉野弘」の『夕焼け』が好きだと言われるゆかさんの、人の心に思いを合せるそんなお人柄を演奏からも感じられて心揺さぶられました。 

■ 麻紙は少し大き過ぎました

 IMG_3478 (2)
 横2mの麻紙ドーサ引きは薔薇の開花を待てませんでした

何でも初めてのトライはこんなものです。ここで中止してパネルに描き始めました。

 IMG_3479_201403302205088c6.jpg
 今は20号のパネルに描いています

次は飯山の内山紙に挑戦しますね。

■ MTBのチャンピオン檀琢磨さんとの練習です

四賀支所から急ぎ戻り、檀さんのコーチを受けます。ほぼ3ヵ月ぶりです。

 IMG_3515 (2)
 厳しい指導が楽しく続きます

檀さんも冬季のハワイやアジアでのトレーニングで体が引き締まっておられました。勿論、慶二郎さんも3ヶ月前とは見違える体になり、トレーニングの成果も上首尾でした。ところで、檀さんと慶二郎さんのやり取りやトレーニング風景は見ていてとても楽しくなります。何故って、檀さんの指導は慶二郎さんに障害があるなんて思いはみじんも感じられないからです。ここまでかと云うほどの新しいメニューであったり、生徒である慶二郎さんが真面目で真剣であると分かると、檀さんも熱が入り気合が入ります。 

慶二郎さんには特別扱いはまったく不要です。おそらく誰にも特別扱いは不要だと思います。ただただ、慶二郎さんという個体の、個体差があるだけですので、その個体差に応じて、教え方や進め方を考えればいいことだと思います。これも全ての人に当てはまることがらです。そうすれば人は無限大の可能性を見せ始めます。すべての人が-あなたも♥♥
スポンサーサイト
line
 2014年3月25日(火)温かい春の一日

■ 毎年4月2日は国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です

World-Autism-awareness-dayをダブルクリックして下さい。 日本でもいたる所で青いライトアップがされます。東京タワー・横浜マリンタワー・神戸ポートタワーなどなどです。長野県諏訪市では高島城です。

 img018.jpg

 img019.jpg
 Light Autism Up Blue!!

長野県の活動は、柳沢さんや中村さんがライトアップ委員会を牽引して推進しておられます。後でご紹介しますね。

 img021_201403251746127bd.jpg
 img022_2014032517465067f.jpg

慶二郎さんは、仕事がありますので直接の参加はできませんが、絵を県信用組合のフロアーに飾らせて頂いています。

 IMG_3419 (2)
 明日26日9時からはご覧になれます

 IMG_3423.jpg
 慶二郎さんをはさむように左が柳沢さん、右手が中村さんです

 長野県信用組合諏訪支店は、ここをクリックして下さい。

 IMG_3424 (2)


■ 新しいランニングシューズ

今日から赤いシューズに新調しました。足のサイズが左右で違い、土踏まずや足幅も左右で異なりますので、しっかり計測して頂きました。体重をかなり抑え込んでいますので、新調したシューズと併せてスピードがかなり速くなると思います。

 IMG_3407.jpg
 赤い稲妻!

■ 麻紙と内山紙

大きな麻紙に挑戦していますが、花がすぐに開いてしまうので、今の室温でこの大きな紙を仕上げるのは困難です。少し慶二郎さんに挑戦を続けてもらいましょう。何かを考えだすでしょう!

先日井上百貨店で購入した内山紙は、楮(こうぞ)の樹皮だけでできた紙です。次はこのこうぞ紙にトライですね。

♥ このブログをお読みくださっている皆さんにはもうお分かりのことと思いますが、慶二郎さんは本当に挑戦の日々です。ですから、私たちも今のぬるま湯の生活に浸っている余裕などありません。やり続けます。誰かに文句を言ったり、自分に言い訳を言う時間があるのなら!「慶二郎さん、待って!早いよ!」♥♥♥


P.S. 書き忘れました。絵が仕上がると、朝食卓にメモが置かれています。

 IMG_3408.jpg
 はいよ!慶二郎さん!
line
 2014年3月24日(月)もう春真ん中です

■ 富士見町の高原のミュージアムの撤収

昨日23日(日曜日)夕方4時、ひと月続いた慶二郎さんの個展を終了し、撤収しました。

 IMG_3376 (2)
 3.23はお父さんとお母さんの結婚記念日です

 IMG_3381_20140324204138346.jpg
 町役場のさやかさんと菰田さん、桑折さん、金子さん有志の方々です

毎回搬入や搬出には、このように沢山の方々がお手伝い下さり感謝にたえません。さやかさん曰く、今回は最短の記録的な撤収だそうです。本当にありがとうございました。

 IMG_3388.jpg
 すっかりきれいになりました

■ それでは「躑躅色」をご覧ください

 IMG_3395 (2)
 正解は背景の「つつじ色」です

10号の傑作です。次回の作品展でご覧ください。きっと躑躅色(つつじいろ)の背景に映える幾種かの菊に目を奪われることでしょう。

裏書もご覧になりますか?

 IMG_3404 (2)
 これも岡谷のアピタの「DAN」で選びました

フラワーショップ「DAN」さんはアピタの改装工事に合わせて、4月から岡谷市堀ノ内の西堀の7・11前に、素敵なお花屋さんを建築中です。『スペースがありますので慶二郎さんの絵を飾りませんか!』とDANの花岡さんからお声がけ頂きました。有り難うございます お花屋さんに、そう言われる以上の「ほめ言葉」はありません! 「是非、飾らせて下さいね! 花岡さん!」

■ 計画に従い大きな和紙に挑戦

 IMG_3406 (2)
 いきなり100号では大きすぎますので-

200センチ×120センチの麻紙でドーサ引きされた紙に挑戦を始めました。「ドーサ引き」とは、膠(にかわ)でにじみ止めのコーティングを施したものです。今まで、100年前の曽祖父の残した和紙を使っていましたので、「ドーサ引き」の紙に戸惑います。

でも私は知っています。初めての経験や感触を必ず克服して、困難な中から新しい何かを生み出すあなたを! あなたを(もちろん慶二郎さんを)見ていると、困難を克服をすることに喜びを感じたり、困難を克服するために常に新しい何か(描き方)を創造したり、人間が本来持つ本性や本質に出会うようです。

慶二郎さんのことをさまざまな新聞が、取り上げて下さいます。心から感謝しています。それでも、いつも冒頭に「自閉症の」という接頭語がくっ付きます。そんなものは要らないのにと、心から思います。

こんなに人間の凄さをありのままに示しているのに! ♥♥♥

26日から一週間、諏訪市にある長野県信用金庫の入口に4点飾らせて頂きます。どうぞご覧ください。
line
 2014年3月22日(土曜日)午後8時 春めいてきました

■ おみそ造りのこと

富士見町の細川農園さんの細川宏子さんから写真を頂きました。 

こんな文章が添えられていました。

『 味噌作りの写真を添付します。茹でた大豆をミンサーでつぶしているところです。大豆26キロ(茹でて約52キロ)分、全部慶二郎さんにハンドル回してもらいました。つぶした大豆と塩と麹をよく混ぜて、桶につめ、1年間熟成させます。おいしい味噌が出できるといいですね。』

写真をご覧ください。↓

 みそ造り①

 みそ造り②

 みそ造り③

一年先を楽しみにしています♥

■ トロンボーンの練習のこと

月に一度ですが、松本の中町の音楽舎で、村木先生からトロンボーンを学んでいます。

 IMG_3357 (2)

 IMG_3365 (2)
 肖像権の確認をしていませんので

 浜松から車で教えに来られています。3連休の中日で中町の駐車場は込み合っていました。

■ 和紙のこと

前回分のブログを読んで、幾人かの方から和紙のお話を頂きました。本当にありがとうございます 岐阜地方の和紙(美濃紙?)のお話、横浜にある三吉(サンキチ)の阿波紙のお話、そして飯山の内山紙(うちやまがみ)のお話などです。

そしていいアイデアが浮かびました!

そうだ!日本各地の和紙とコラボをしてみようと思います。

松本にお住いの草間真由美さんから、飯山の内山紙の展示が、松本の井上百貨店でされているお話を頂きました。

 IMG_3367.jpg
 真由美さんと井上百貨店で

img015 (2)
 「天然生活」4月号『松本の押絵雛』にもベラミ人形店や真由美さんのことが掲載されています

 「かつては武家の女性の習いだったの」と真由美さん。その真由美さんからベラミ人形店の三村隆彦さんをご紹介いただいて、そしてその三村さんから飯山で内山紙を製造されている阿部製紙の阿部拓也さんをご紹介いただきました。

 IMG_3366 (2)
 井上百貨店での展示

 さっそく10枚購入しました。

 img012 (2)

飯山も、そして皆さんから教えて頂いた紙漉きの里を一つ一つ訪ねましょう。そして、その地その地の和紙にその地の花を描いてみましょう。これはまた一大プロジェクトです。必ず皆さんと達成したいと思います。ですからできるだけ情報をお寄せ下さいね。

■ 菊の絵を描いています

今は菊の絵を描いています。

 IMG_3337.jpg
 菊の花弁は慶二郎さんの神髄が発揮されます

 IMG_3336.jpg
 乞うご期待!

明日が富士見町の高原のミュージアムの個展の最終日です。夕方から片付けに参ります。記名帳に記載されたお名前からだけでも、たくさんの方々が来て下さった様子が分かります。ありがとうございます♥♥ 
和紙に描いた作品をずらりと並べてみました。その和紙シリーズから発展して、紙漉きの里とのコラボを思い立ちました。新しい慶二郎さんの生涯のテーマに出来そうです♥♥


でも、更に思いは山野を馳せめぐります。パピルスは日本産ではありませんね。皆さんに教えて頂いて日本を回ったあとは、やはりシルクロードですね。韓国の紙、中国の紙、ウイグルの紙、インドの紙、ウズベキスタンの紙、そしてギリシャの紙があるのですね。きっと!そう思いながら、慶二郎さんは「思えば叶う」生き方ですので、きっとすべてが実現できると信じています。あなたと!♥ ♥
line
 2014年3月13日(木)強い雨風 

■ 黄色の百合が進みました(和紙40号)

さっそくご覧ください。
 
 IMG_3259_2014031317482204d.jpg
 淡い黄色が薫ります

この視点から見ているはずです。

 IMG_3260.jpg
 素敵な和紙が仕上がりそうです

今週はどこかで和紙を探してみます。皆さまにも教えて頂きましたので-それでも皆さんのお知り合いや地元で、和紙を漉(す)いたり、障子紙を製造販売されているお店があれば教えて下さいね。あるいは代わりにお買い求め下さっても構いません。お願いします!

 祖母と叔母に手紙を書きました 

叔母の誕生日と祖母へのホワイトデーのお返しです。2人とも、そして叔父も心から慶二郎さんや兄の潤一郎さんを深く深く愛しています。そんな2人に手紙をしたためました。

祖母は字や書道の躾け(しつけ)には大変厳しい人です。真っ直ぐに線をひかなければ、あるいは線に勢いがなければ最初から全部書き直しをさせられます。

でも、慶二郎さんはいつも合格です♥

■ 明日は早朝から農業です

今終えたばかりのバイクの汗をご覧ください。

 IMG_3257 (2)
 床は汗でボトボトです

いつも同じ話ばかりですね。そのようにルーティーンを自分で規則正しく守りながら、世に「適合」させています。繰り返しです。朝も「仏壇と神前の水を替えました!!」そして一日隙間なく、ルーティーンをつなげます。悩んだり、悔いたり、躊躇(ためら)う時間はどこにもありません。入る余地の無い生き方です。いらないのです、そんなものは!

line
2014年3月11日朝2時 PCに向かっていると慶二郎さんも起き出しました

■ 夜中に思い出したこと

昨日10日(月)朝方数センチ雪が積もっていました。燃えるゴミをステーションまで運びに行ったかと思いきや、少し帰りが遅いな?と感じていました。う~ん?庭先でガーガーと云っています。

 IMG_3234 (2)
 ガレージから庭先、そしてテラスの雪かきをしています

慌ててカメラのシャッターを切りました

 IMG_3236 (2)
 本当に不思議の国の青年です

中々見ない青年です。兄の潤一郎さんも帰省中はよく手伝いをしたり、料理を作ってくれたりするのですが、流石に早朝からは??

■ MTB(マウンテンバイク)の檀拓摩(だん・たくま)さんとは30日が次のレッスンです

檀さんからたくさんのことを学びました。勿論ロードバイクの練習法ではあるのですが、すべてに通じます。

① バイクを一番日常的な生活の場に置くこと(今は食堂と居間の境にあります!)
② メニューは厳しいながらも、それを楽しくクリヤーさせること(メニューはランチの小鉢にように種類が豊富です!)

単純な指摘ですが、これが継続のためのコツだと学びました。

■ 黄色のユリを描き始めました

 IMG_3241 (2)
 部屋中に香りが立ちます

 IMG_3238 (2)
 何が凄いことかというと

 IMG_3243 (2)
 たくさんのターナーとアムステルダムのアクリルから選んで 

 IMG_3244 (2)
 それを水彩画のように仕上げるのです

富士見町の高原ミュージアムでも同じことを何人もの方から言われました。「エッ!水彩じゃないの!」「いいえ、アクリルです。いわば油絵です。」

その技術で、輝くように、見る人に迫るように色の迫力を出しつつ、それでかつ慶二郎さんのデッサン力も活かされます。

♥ 3月30日には狭間由香さんがピアノを演奏されて、天満敦子さんがバイオリンを弾かれます。松本市役所四賀支所(安曇野ICから少し北に向かいます)で2時開演です。プログラムの一つに小林秀夫の「落葉松(からまつ)」とありました。慶二郎さんと聞いてみたいな!天満さんのストラディバリウスとイザイの弦、そして狭間由香さんのピアノ-慶二郎さんとご一緒して下さった由香さんの演奏を慶二郎さんにどうしても聞かせたいと思います!

 img011.jpg

そして檀拓摩さんのレッスンも30日!何とかやりくりしてでも両方をやり遂げましょう。人生は一度きりですから!皆さんも慶二郎さんとご一緒に!一度きりの人生を謳歌いたしましょ。♥ ♥ ♥
line
2014年3月9日(日)快晴の一日

■ ギャラリートークが終了しました

参加くださった50名近い皆さま本当に有り難うございました。片付けをして信濃境に立ち寄った後、帰宅して30分寝たかと思うと、今は既にロードバイクのうなりをあげさせています。

まずはギャラリーを運営して頂いている富士見町役場の小林さやかさんと細川さんに心より御礼申し上げます。

 IMG_3233.jpg
 有り難うございました。残りの期間もよろしくお願いします!

そして参加いただいた沢山の皆さま有り難うございました。♥♥

 IMG_3225.jpg
 慶二郎さんの絵に囲まれてトークをしたいと思いました

皆さんが微笑んでおられるでしょう。こんな時間が少しでも多くあると嬉しいのです。

今回はさまざまなシリーズを展示しました。

干支シリーズ、アメリカ時代のもの、肖像画シリーズ、花10号、花20号、野菜シリーズ、花和紙(大)、仏画シリーズ-- スペースの都合から、シリーズ毎にそれ程たくさんは展示できませんが、画業の全容を見て頂きたいと思いました。 

 IMG_3220_20140309172744d6a.jpg
 普段の慶二郎さんも見て頂きたいと思いました

 IMG_3232.jpg
 アサオカローズの浅岡様が、お祝いの薔薇の搬送をして下さいました

 「慶二郎さんの描く薔薇は、品種も判りますね!」とバラ農家のバラの専門家である浅岡さんから大変有難いお褒めを頂きました。是非、珍しい薔薇を描かせてくださいね!その一つ一つの薔薇を絵に留めて、永遠に残してみませんか!

 IMG_3221.jpg

ギャラリートークはいかがでしたか?是非印象をお聞かせください。少し饒舌でしたか?親ばかの極地でしたか?このBlogへの返信でも、メールでも、電話でも構いませんからお聞かせください。次回以降の参考にさせて頂きます。

会期は3月23日(日)までです。どうぞお立ち寄りください。 

その後は3月26日~4月8日まで、長野県信用組合諏訪支店ロビーでの世界自閉症啓発デーのアート展への参加で4月に向かいます。

ギャラリートークでは初めての方、久しぶりの方、いつも駆け付けて下さる方との、それぞれのやり取りをさせて頂きました。そしてさまざまなヒントやきっかけを頂きました。大きな和紙への挑戦のこと、次の旅の企画のこと、次の個展の話、絵に対する感想や思いも頂きました。

「描く花を誰がどのように活けているのか?」「風景画は描かないのか?」「どのような色が好きか?」「デッサンを描き上げてから色付けをするのか?」「どこから描きはじめるのか?」とても参考になる質問ばかりでした。それらが分かるような展示や個展の工夫をしてみたいと思います。

高原のミュージアムはかつては慶二郎さんの通学路にも近く、何度も気分が高揚させた思い出の場所でもあります。6~7年経って、その自分をコントロールしなければと自制する姿をかいま見ました。「克服するすべを持ち、克服する意志を持つ立派な青年です。」

今、1時間のトレーニングが終了しました! ♥♥♥♥
line
2014年3月8日 PM1時 快晴

■ まずはLCV ニュースをご覧ください

 🍂 LCVはここをクリックして下さい。 LCVとは諏訪地方のLocal Cable Vision ケーブル放送です。右側のカレンダ-の3月4日をタッチして下さい。そうすると「酒井慶二郎さん 作品展(富士見町)」とありますので、その右端の〔視聴〕をタッチして下さい。慶二郎さんのTVニュースがご覧いただけます。一部対応していないスマホやPCがありますのでご注意ください。

■ KURAの別冊の座談会

「しあわせ信州の手引書」信州でしあわせに暮らすための10ヵ条座談会にお呼ばれしました。慶二郎さんのことが掲載して頂けるかは分かりませんが、出版されたら皆さんでお買い求めくださいね。

 IMG_3207.jpg
 座談会のスナップです

多士済々の方々がお集まりでした。

 
 IMG_3203.jpg

会場となった「真澄」宮坂醸造の松の間から望む300有余年の松です。また一つ冬を越しました。

■ 最新作をご覧ください

 IMG_3211 (2)
 淡いチューリップの花弁の描き方が印象的です

 IMG_3213 (2)
 花弁のグラディエーションは初めての描き方です

裏書をよ~く眺めてみますと、これはこれで作品のようにも見えます。パネルの背面の木枠に合わせて書いた字句は妙に洒落ています。

■ 今の作業はほぼ雪かきです

先日の雪で富士見はそれこそ雪に閉じ込められました。そこから掘り出す作業が続いています。

 IMG_3198.jpg

 IMG_3196_20140308133416ae6.jpg

 余りに疲れたのでしょう、「バイク、今日は3セットにします!」慶二郎さんが言います。あくなき挑戦をしてくれるのも嬉しいのです。それでも、時たま、ほんの時たま、「休みます!」と言ってくれるのも嬉しくてならないのです。

 さらにこんなことがありました。大雪が融けて、また今週うっすらと積もりました。朝、ポストに新聞を取りに行ったと思ったらなかなか帰って来ません。見てみますと何も言われないのに、一人黙々と雪かきをしているではありませんか。

 自発的にルーティーンを作っては回します。

 これから富士見の高原のミュージアムで明日9日のギャラリートークのリハをしてきます。その様子は今晩お伝えしますね。明日は1時にお立ち寄りください。 ♥ ♥
line
 2014年3月2日(日曜)午後5時 小雨

■ 慶二郎さん 初めて東北・日本海・庄内を行く(第二弾)

昨日の続きを書く前に、今週末9日の予定を再度皆さまにお伝えします。
🍁 3月9日(日曜)午後1時~3時 🍁
🍁 ギャラリートーク~酒井慶二郎と語ろう~🍁

どうぞお誘いあわせ上、富士見町 「高原のミュージアム」【0266-62-7930】へお越しください。中央本線富士見駅前です。先ほどプレゼンの準備もできましたので、お待ちしています。

高原のミュージアムはこちらから検索してください。

■ それでは庄内・酒田を行くの第二弾です

なぜ?慶二郎さんが酒田市美術館の高橋剛さん作「踊り子’68」なのでしょう?

慶二郎さんは、夏場に八ヶ岳で有機農業をされている俳優で仏師の滝田栄さんのお手伝いをさせて頂くことがあります。そのご縁でご家族どうし仲良くさせて頂いています。勿論、奥さまの妙子さまにも-

その妙子さんが、バレリーナの研修生の頃に高橋剛さんのモデルをなさっていて、それが「踊り子’68」のブロンズ像なのです。今回は栄さんも妙子さんもお忙しくて参加できませんでしたが、気の置けない仲間たちで先に見に行こうということになり、慶二郎さんも初めて東北・庄内に来ることが出来ました。

 IMG_3017 (2)
 もう一度「踊り子’68」をご覧ください

 IMG_3043.jpg
 真剣に見入っています

妙子さんは今でも立ち姿がお美しくて、永遠のバレリーナです。

そして、その後は- 

 IMG_3050 (2)
 土門拳記念館

 IMG_3053.jpg
 本間家

 IMG_3054.jpg
 そして「富重」で最後の昼食会

♥ 皆さん、いかがでしたか? 酒田の街を堪能されましたか?

慶二郎さんと一緒に旅をされていかがでしたか? 私たちもいくつもの新しい慶二郎さんを見つけました。いつも事前に詳細の計画を立てたり、細かな配慮をしたりしてきました。しかし、今回の旅で、そこまでの事前計画が要らないということが分かりました。既にたくさんの経験が経験知となり慶二郎さんの中で堆積し、類推したり、活用したり、想像したりする力が出来ているようです。

♥ さて、新しいニュースがあります。今日からバイクが4セットになりました。1時間のメニューです。流れる落ちる汗をぬぐいながら、その後腕立て伏せと腹筋を20回ずつやりました。どこにも20回なんて目標は書いていないのです。自分で決めて勝手に高い目標をめざします。

何て奴なんだ。私も絶対に負けませんから!! 「楽シットタラアカンゼヨ!」と似非(えせ)自閉症者が言ってます。♥ ♥
line
 2014年3月1日 (土曜)午後1時 曇り

■ 慶二郎さん 初めて東北・日本海・庄内に行く

そのお話の前に報告すべきとこがあります。 
前回分で背景をピンクに塗っていますとブログに書きました。
東北から帰ってくるや、背景の色を変えて完成させてしまったではありませんか!

 IMG_3112 (2)
 背景はネールピンクだそうです

いつものように慶二郎さんの裏書をお読みください。

 IMG_3113 (2)

 「平成24年度2013年」 あれれ!慶二郎さん、間違っているよ!平成26年でしょ。2014年でしょ。今 慌てふためいて修正に階下に降りて行きました。
「青紫色のサイネリア(シネラリア)です。
 春の感じです。
 背景の色はネールピンク/薄肌色です。
 一生懸命に休まずにさぼらずに色で遊ばずに
 かきました」


あれっ?東北 酒田に行く前にはピンクだったのに?
先にブログに書いたのを読んだのでしょね!きっと!

■ さて、いよいよ旅の始まりです 

 IMG_2980 (2)
 諏訪から6時間の道のりを皆さんと共にして 
 最上川の支流とでもいうべき新井田川(にいだ)のほとり 山居倉庫です(さんきょ)

 IMG_3008.jpg

桑折さんご夫妻、中島さんご夫妻、諏訪さんご夫妻、菰田(こもだ)さんご夫妻と慶二郎さんが、2台のバンに分乗して村上をへて酒田の街に到着しました。

 IMG_2972.jpg
 最初に訪ねた「初孫」の東北銘醸「蔵探訪」です

慶二郎さんはお酒を飲みませんので、皆さんの試飲と別れて見学に余念がありません。そして山居倉庫から宿泊先の若葉旅館へ-

慶二郎さんは別れてマンションに

 IMG_2985.jpg
 疲れました!

 IMG_2981.jpg 
 IMG_2983.jpg
 皆さんと「喰道楽」で夕食です

 IMG_2982 (2)
 みんなで「十四代」も頂きました

慶二郎さん、飲めないのにごめんね!

■ いよいよ旅の目的・真髄です

本題の酒田市美術館を訪問しました。

 IMG_3012.jpg

この酒田市美術館には地元出身の「高橋剛」(ごう)さんの作品が沢山あり、その中の「踊り子’68」を見に行くことが旅の大きな目的の一つでした。 

 IMG_3044 (2)
 在りし日の「高橋剛」さん

 IMG_3026 (2)
 「踊り子’68」の前で

 IMG_3027_20140301152712b50.jpg
 全員で記念撮影です

五十嵐館長様や学芸員の武内治子さんに細かなご説明を頂いたり、館内の案内を頂きました。
有り難うございました。

今日はここまでにとどめます。この続きは明日お読みください。何故?この踊り子に会いに行ったかも?明日に!

帰宅して朝、朝陽に向かって感謝を捧げていると、慶二郎さんが横で『酒田は楽しかった』と、自分でも報告していました。旅は大変な自信につながり、また刺激的でもありました。知らない土地、知らない空気、知らない香り、知らない人々との出会い-旅の途上、何にも問題がないばかりか、なんだかただの旅人です。

それでもいつも思うことがあります。慶二郎さんは本当に自閉症なんだろうかって?ただただ自閉症風の演技をしているだけなんじゃないのかって? それにしては、大変手のこんだ自閉症を演じる役者です。そして、時折化け(ばけ)の皮の下から見せる普通の青年がいます。『酒田は楽しかった。次はハワイですね。』 あれっ??いいや、いいやこちらも旅人、旅の人生を楽しみましょ!  ♥ ♥
line
line

line
プロフィール

keijirosakai

Author:keijirosakai



提供:PINGOO!


■名前 
酒井慶二郎

■生きる力
・有機農夫
・トライアスリート
・画家
・トローンボーン
・薪割り人
・芝刈り人
・シンガー
・座禅

■メッセージ

できる限りたくさんの人達と、
出会いたいと思います。
いつかは自分の
お店を持ち、
絵を描き、
音楽を奏で、
畑を耕し、
食事を作り、
皆さんとゆっくり
暮らしていきたいと思います。

毎月個展を巡回開催しています。
演奏会や肖像画を描きます。
どうぞ下記までお尋ね下さい。

僕が忙しい時は母が代わって
ご連絡をお受け致します。

■連絡先

TEL 0266-56-1618

Mail ad.
sakaiakjk@
Ga2.so-net.ne.jp

Home ad.  
長野県諏訪市沖田町1-27-2

line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
リンク
line
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
sub_line
カテゴリ
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。