FC2ブログ

506,507番目の肖像画、図書館元館長、

 2014年4月29日(火曜)「昭和の日・祝日」 朝9時 曇り

毎日の新しいことの起こる多さに驚きます。「平凡これ非凡」とよく言いますが、平凡な日々など人間界には無いのではないでしょうか?少なくとも慶二郎さんの周りには-

■ 内野安彦さんプロジェクト

27日(日曜)も塩尻の「えんぱーく」でお二方の肖像画を描かせて頂きました。

 img036.jpg
 不思議に人が集まる市民交流センターです

不思議に?とは行政の方々に大変失礼な物言いですが、なかなか人々が集まらない交流センターが多い中で、この塩尻市市民交流センターである「えんぱーく」と、下諏訪の「ぽけっと」は大変な優れものです。

それもこれも、きっと前塩尻市図書館長の内野安彦さんと、安彦さんを支援した多くの地域の素敵な方々の知恵と努力の結晶なのでしょう。

 506番は塩尻市の小野さんです

 IMG_4108 (2)
 内野前館長(左)と小野さんです

 IMG_4092 (2)

この小野さんは実に素晴らしい方でした。10時のお約束に、その前からお越しになって階段のそばに座って私たちを出迎えようとされていました。そして慶二郎さんの前で、姿勢を正しながら2時間半もじっとされていました。慶二郎さんを慮ってじっとされていました。そして素晴らしい出会いを頂いたとほめられます。周りの皆さんの背中をしっかりと押し支えます。

 IMG_4099.jpg

 IMG_4109 (2)

実に柔和で誰にも平等で、それでいて品位が高く、分厚い手で握手をされて、そして背中をドンと叩かれます。もう何だかやるしかないと思わせる見事な生き方の小野さんでした。

 507番は塩尻市の池内のりえさんです

 IMG_4127 (2)
 内野前館長と池内さん

池内さんもとても素敵な方でした。慶二郎さんの問い掛けに何とか応えよう応えようとして下さいました。頂いたお名刺にはたくさんの塩尻市の役割が並んでいましたが、そんなことをおくびにも感じさせない優しさに包まれた方でした。

 IMG_4110 (2)
 3時間近くクーラーのよく効くスペースで頑張ってくださいます

 IMG_4122.jpg
 いかがでしたか?この体験?この肖像画は?

慶二郎さんはこの池内のりえさんに背景に白を基調とした色を用いました。白のカーディガンをお召なのに、更に背景にも同系色を選んでいました。慶二郎さん、なぜですか?

■ 内野安彦さんの新しい書物の表紙のデザイン

こうして慶二郎さんは2日で4名の方を描き上げました。御一方3時間として12時間の連続創作です。どれだけのエネルギーを必要とするのでしょうか!体力も大切な生きる質や条件だと慶二郎さんから学びます。

茨城県の鹿嶋から内野さんは車で来てくださいました。皆さんに取り立ての筍を持参されて-

 IMG_4129.jpg
 取り立てですのであく抜きもそこそこにおいしく頂きました

内野安彦さんとお話していて、本当に愉快でした。新しいご本は図書館を造るのに関わった一人一人とのご関係を書かれるそうです。とても楽しみです。表紙も楽しみですが、中の文章も持ちどおしいです。

こんなことを言われていました。

『図書館を誰が造ったかというと、どうしてもそれは時の市長さんになるでしょう。でも図書館のコンテンツ(中身)を誰が造ったかというと、たくさんの市民の皆さんなんです。そのことを残したいのです。本にすれば、必ず残ります。誰かがどこかできっと目にするんです。』とても良い目線をお持ちの方でした。

こんなことも話されていました。『僕のように違うところから来た人にも、塩尻の皆さんは、分厚い手で迎えてくれて、そして分厚い手や優しい手で背中を押して下さるんです。大丈夫って! それがこの図書館の土台です!』


他の話題を書くと長くなりますので-次を午後に書きますね ♥♥♥
スポンサーサイト



line

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マルチアーティスト 酒井慶二郎さん

前塩尻図書館館長、内野安彦さんは、フリーになられてからFMラジオのパーソナリティーや講演のほか、次々「図書館関連本(リンクあり)」も出されています。今回、また新たなご本を出版されるにあたり表紙デザインに、画家で、トローンボーン奏者でもあり、トライアスロンのア
line

comment

Secret

嬉しく

素敵な絵をありがとうございました。

仕上がった絵を見せていただいたとき、

「あ、『本当のわたし』だ。」と嬉しく拝見しました。

顔には歴史が出ると言います。

右頬のシミは、上息子を産んだ後出てきたもの。

左頬には、三つが三角形に、下息子を産んだ後でてきたもの。
丁寧にひとつずつ、小さなそばかす、外してきたメガネ痕、みんな描き込んでくれていく過程を、自分が生きてきた歴史のアルバムを仕上げてくれていただいているような幸福感がありました。

いろんな白をたくさん置いてくださった、そのことも、

浄化をいただいているような清涼感でありました。

夫を亡くして3年になります。明るい色を好めませんでした。

カーテンを開けられませんでした。

この日、何年かぶりに「白」を着た日でした。

慶二郎さんに、明るい反射の「白」をいただいて、

とっても元気をいただけました。

ありがとうございました。


line
line

line
プロフィール

keijirosakai

Author:keijirosakai



提供:PINGOO!


■名前 
酒井慶二郎

■生きる力
・有機農夫
・トライアスリート
・画家
・トローンボーン
・薪割り人
・芝刈り人
・シンガー
・座禅

■メッセージ

できる限りたくさんの人達と、
出会いたいと思います。
いつかは自分の
お店を持ち、
絵を描き、
音楽を奏で、
畑を耕し、
食事を作り、
皆さんとゆっくり
暮らしていきたいと思います。

毎月個展を巡回開催しています。
演奏会や肖像画を描きます。
どうぞ下記までお尋ね下さい。

僕が忙しい時は母が代わって
ご連絡をお受け致します。

■連絡先

TEL 0266-56-1618

Mail ad.
sakaiakjk@
Ga2.so-net.ne.jp

Home ad.  
長野県諏訪市沖田町1-27-2

line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
リンク
line
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
line
sub_line
カテゴリ
line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
QRコード
QR
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line